TOP

メニュー

外貨預金のデメリットは?

近年では、円預金より金利の高い外貨預金をする方が増えており、
とても人気の高い資産運用法となっています。
しかし、外貨預金には金利が高いというメリットだけではなく、
デメリットも存在します。

銀行が破たんした場合には、
一つの金融機関ごとに一人の預金者あたり1,000万円とその利息が保護される
「ペイオフ」と呼ばれる制度がありますが、
外貨預金はこの制度の対象外となっています。

そのため、外貨預金を行っている銀行が破たんした場合でも
保護されないというデメリットがあります。
このような事態を想定して、1ヶ所に多額のお金を集中させないのが理想的です。

外貨預金には為替手数料が高いというデメリットもあります。
そのため、預入時の金額と払戻時の金額が同じでも、
為替手数料が高いのが原因で数万円のマイナスになってしまう事もあります。

ただし、ネットで取り引きが出来る銀行は
都市銀行よりも手数料が安く設定されています。

また、外貨預金には為替変動によっては
元本割れしてしまうというデメリットもあります。
外貨預金は必ず利益が出るわけでは無く、
払い戻す時に預け入れ時より円高の場合には、
元本が大きく目減りしてしまう可能性もあります。

しかし、裏を返せば大きな利益となる可能性もあるため、
一概にデメリットであるは言えませんが、
常に為替の動向に注意を払う必要があります。