TOP

メニュー

外貨預金とFXの関係

外貨預金とFX、どちらも為替レートが関わる金融商品なので
同じものと思っている人もいるかもしれません。

外貨預金とFXの違いの一つは「手間」です。
まず、外貨預金とは日本のお金を外貨にして預金を行います。
基本的には預金であるので、お金を預けた後は満期になるまで待つだけです。

対してFXは、日本の円を外貨に変え、
それをまた日本の円に戻すときの差益が利益になります。
日本のお金で外貨を売買する、と考えるとわかりやすいかもしれません。
そのため、FXでは積極的な取引を行わないかぎり、
利益を生むことはありません。

そのためFXは大きな利益を生み出しやすい分、
大きな損失も被りやすいです。
ちなみにこちらがFXの優良サイトです。

対して外貨預金は黙っていても利息がつきます。

この点だけをみると外貨預金は低リスクの金融商品のように感じます。
しかし、外貨預金を日本の円にするときに為替手数料というものが発生します。
しかしFXの場合、この手数料が無料の場合が多いです。

また、満期になる間に預けた外貨が暴落することもありえます。
その場合、為替レートの関係で利息以上の損を被る可能性もあります。
その為、外貨預金も必ずしもリスクの低い金融商品というわけではありません。

リスクとリターンのバランスを考えること、それが最も重要です。

為替